短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

ODAIBA

            窓の外に広がる夜明直前の風景です。朝の来ない夜は・・・ありません(^.^)
f0164033_23433889.jpg

                銀河系蒼き球体浮かぶなり因果の故にただ回転(まわる)なり
Commented at 2009-03-05 06:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jam-une at 2009-03-05 12:48
鍵コメさま
 どうでしょうか?少し変えてみました(^.^)
 同じ言葉は確かにもったいない、ですね!
Commented by hiro-photo at 2009-03-05 20:28 x
こんばんは。
ただ無為に、朝が来て夜になるだけの生活では、この世に生まれてきた甲斐が無いですね。
納得をして、夕べを迎えたいです・・・・・。
Commented by jam-une at 2009-03-05 22:13
hiro-photoさま
 コメントありがとうございます。
 ここにいて生きているということはきっと
 なにか意味があることなのでしょうか・・
 繰り返しの中でその意味が少しずつわかって
 暮らせれば多いに幸せです(^.^)
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-03-07 16:36
こんにちは。
この写真を見てると、ロマンティックな宇宙基地のように見えてきます。
Commented by jam-une at 2009-03-08 01:50
TGokuraku-TOMBOさま
 地球の写真は見つからなく・・
 お台場のテレビ局の球体をお借りいたしました(*^_^*)
 人間はずっと宇宙の不可思議なバランスの中で
 生かされてきたと思います。
 偶然というのはあまりに絶妙なバランスの中で・・・
 そのことを忘れずにおごらずに生きていきたいものです。
 
Commented by blue-lulubul at 2009-03-11 16:04
(^-^)は~い。因果のゆえに回るのですね!
Commented by jam-une at 2009-03-12 15:52
blue-lulubulさま
 はい!ありがとうございました(^.^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-03-04 23:48 | 風景 | Comments(8)