短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

桜散る

f0164033_065126.jpg

                  桜散る(しべ)を残してセツセツと繰り返し降り止まぬ春宵(しゅんしょう)の一刻


                                          photo by sirabiso






   
Commented by zona14 at 2009-04-06 09:55
仕事でサクラを見ている事が多いので、
かなり来てます^^:
日本語の豊かさは、使う自由さから出来たんでしょうか。
それぞれの言葉が持つ世界を楽しめますね。
Commented by ほたる at 2009-04-06 12:45 x
桜、いっぱーいですね^^
たくさん更新されていたのでビックリでした^^
今年はお嬢さんの入学もあり、おめでとうございました。
母としての喜びもたくさんあったことでしょうね♥
まだまだこの辺のお花は見れますよね。
桜の咲き始め、大好きな季節です(*^_^*)
桜でもたくさんの歌が詠めましたね!!
Commented by jam-une at 2009-04-06 15:01
zonaさま
ありがとうございます。
プロは大変ですね!桜の季節をゆっくり堪能する
暇もありませんね(笑
でも、もうすぐzonaさんのお好きな葉桜も
観れますゆえもうちょっとがんばってくださいな!
Commented by jam-une at 2009-04-06 15:03
ほたるさま
 久しぶりです(*^_^*)
 私も桜は咲き始めから葉桜まで
 なにもかも、好きです。
 ついでに桜餅も桜餡も、みぃ~な好き!
Commented by hiro-photo at 2009-04-06 20:08
こんばんは。
満開の時期を終えたように、まだ少し明るさの残る中で、風も無いのに二枚三枚と散る落ちる様子が、脳裏をかすめました。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-04-06 22:02 x
こんばんは~

だれもが褒める国花の桜、セツセツと? ご解説をお願い致します。
Commented by jbl4312t at 2009-04-07 00:31
こんばんは。
桜の花は散る姿も風情がありますね。
宴の残骸のない静かなところで降り注ぐ花びらを眺めていたいものです(^^)
                      sirabiso
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-04-07 21:54
今日、夕方に北の丸公園に寄ってみたら、
ちらほらと、散り始めていました。
何か美しさに見とれる部分と切ない気分とが入り混じり、
複雑な心境でした。
もっともっと、咲いてて欲しいけれど、別れなければならないのですね。
Commented at 2009-04-08 11:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jam-une at 2009-04-08 22:13
hiro-photoさま
 今日あたりから東京の桜も散り始めています。
 ひとひらの落ちる時間は短いのですが
 その繰り返しを飽きずに眺めていると
 至福の時を頂いたようです(^_^)
Commented by jam-une at 2009-04-08 22:38
大阪のおっちゃんさま
 桜は椿のように花ごとではなく花びらだけが散ります。
 真ん中のおしべめしべのしべが残ります。
 樹に実の元だけを残し、すべての花が散り終わるまで
 永遠に続くかとおもうほどに・・ふりやみません。
 その万感せまる切なさに、その一瞬(刻)の潔さに
 日本人は心打たれるのでしょう。
Commented by jam-une at 2009-04-08 22:42
sirabisoさま
 春の宴は平安の時代とは違い、宴会の場所になって
 しまっていますものね(ーー;)
 「春宵の一刻値千金」という蘇武の「春夜」という詩が
 あります。そんな思いで飛花を眺めたいものです(^.^)
Commented by jam-une at 2009-04-08 22:46
TGokuraku-TOMBOさま
 九段の桜ですか。私は剣道を習っていたのでしばしば
 武道館には行ってました。
 ずっと観ていられる気がしますが、やはりつかの間の
 花のいのち・・ですね。だからこそ・・美しい。
Commented by jam-une at 2009-04-08 22:50
鍵コメさま
 どうしても繰り返し降り止まぬにしてみたかった。
 そして春宵の一刻も・・でかなり字余りでした(ーー;)
 セツセツを棄てようかと、今思っています(悩
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-04-06 00:11 | 風景 | Comments(14)