短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

裸身

f0164033_0384178.jpg

                 裸身にも桜の花びら舞う如く貴方の吐息が落ちてゆく


                                    photo by kinaco
Commented by ほたる at 2009-04-09 12:33 x
お写真とお歌の素敵なコラボですね♥
みんなドキッですよね^^;
大阪のおっちゃんのコメントが楽しみです(笑)
うーん、午後から妄想してしまうそうです(爆)
Commented by hiro-photo at 2009-04-09 20:19 x
こんばんは。
短歌の後で写真の桜を見れば、よりなまめいて見えてしまいますね。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-04-09 23:01
春宵・・・ときめきますね。
素直な気持ち大事にしたいものです。
心ゆくまで、花びらの舞う姿に見とれていたい夜桜になりそうです。
Commented by jam-une at 2009-04-10 12:45
ほたるさま
 散る桜をイメージしましたが、刺激的でしたか?(笑
 それほど桜は妖艶です(*^_^*)
Commented by jam-une at 2009-04-10 12:49
hiro-photo さま
 もう東京の桜もそろそろおしまいです。
 だかろこそ、チラホラ落ちる
 あの一グラムにも満たない花の重さを
 肌に感じることがあります。優しい春風とともに・・(^.^)
Commented by jam-une at 2009-04-10 12:54
TGokuraku-TOMBOさま
 見事な桜は圧巻ですが、花びらが舞い降りなければ
 これほど日本人の心を打たなかったのでは
 ありますまいか・・それほど散る桜には風情があります。
 心ゆくまで・・見とれていましょう(~_~)
 でも、シャッター押すのも忘れないでくださいな!
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-04-10 22:16 x
こんばんは~

春爛漫、jam-une様のハートも......実は今日、告くられてしまいました。
そうなんです、それも年頃の「♂の孔雀に」。

今、孔雀の繁殖期です、何を間違えたのか雄の孔雀が私に向かって立派に大きな羽根を見事に広げアピールです。
でもこの時期は梅雨まで、やがてこの長く綺麗な羽根も抜け落ちて
しまいます。
jam-une様こんな悲しい孔雀恋物語、お歌に詠んで頂けませんか?
Commented by jam-une at 2009-04-12 00:21
大阪のおっちゃん さま
 それはきっと・・間違えたのではなく
 貴方様にその虹色の羽根を撮って
 いただきたかったのでは(^.^)
 私も歌を詠みましょう!ですから
 もう一度孔雀さんの所へうかがって
 その素敵な雄姿をお写真におさめてきて下さいませ。
 是非コラボいたしましょう!!
Commented by jbl4312t at 2009-04-12 01:20
こんばんは。
jam-uneさんらしい艶やかな恋の歌なんですね♪
私にはとても縁遠い世界です^^;
Commented by jam-une at 2009-04-13 00:19
sirabisoさま
 わたしも、事実とは申せません(笑
 でも、貴方様のお写真の桜もとても
 麗しいですよ(^.^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-04-09 00:42 | 恋歌 | Comments(10)