短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

カフエにて

f0164033_113491.jpg

                 ゆふぐれのオレンジ灯のカフエにて百合の香りに縛られてゆき

                                photo by bsanchor
Commented by hiro-photo at 2009-05-15 21:20 x
こんばんは。
>百合の香りに縛られてゆき・・・・・、どのように解釈すればよいのでしょう・・・。
カフエの中に活けられているユリの花を見ているうちに、昔のあの日の事を思い出している自分に気付く切ない気持を歌ったものでしょうか・・・・。
香りが、知らず知らずの内に記憶を呼び覚ますのですね・・・・・。


Commented by jam-une at 2009-05-16 00:20
hiro-photo さま
 そうですね、余りに芳しい香りに一瞬動けなくなり、
 テーブルから立てなくなりました。
 百合の香りは懐かしい香りです。
 娘に同じ名前を付けましたくらいに・・・(^_^)
Commented by mizuki-39 at 2009-05-16 19:20
大人の雰囲気ですね~
奥にぼんやり見えるカップルは、愛を語り合っていそうです^^
私には、縁のない場所のようです^^;;
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-05-16 22:14 x
何年か前、細く、暗い地下に通じる階段を下り、一杯1,000.-のコーヒーを、
とても美味しく感じその後何度か、
昨日久しぶりにそのお店に、しかし懐かしい味は何処へやら
少し寂しくなりました。
Commented by zona14 at 2009-05-17 00:30
街には時間を楽しんでいるカップルや、
それは素敵な場所も用意されてて、
あっちに揺れてこっちに揺れて(笑)
シルエットもいろんなこんなで、いいですね^^
Commented by jam-une at 2009-05-17 00:38
mizukiさま
 今日は、ワインを飲んでちょっと浮かれ気分~です(*^_^*)
 お買い物帰りに、寄り道。ついついかえり時間を
 忘れて、現実の世界に帰ってこれなくなりました(笑
Commented by jam-une at 2009-05-17 00:41
大阪のおっちゃん さま
 あら、素敵な秘密めいた場所は幻のように
 消えてしまった・・?
 雰囲気のよいお店や美味しい味はなかなか続きません(-_-;)
Commented by jam-une at 2009-05-17 00:45
zonaさま
 少し暗くなる時間が、遅くなりゆふぐれを
 ゆるゆると楽しめるようになりましたね。
 運河のほとりで、暮れなずむ時間をみていると
 別の世界に入り込んだ錯覚に陥ります(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-05-15 01:16 | 日常 | Comments(8)