短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

行雲流水

          行雲とは風に流されていく雲のことです。行雲流水とは
          何の執着もなく物に応じ、事に従って行動することです。そう生きてみたいものです。
f0164033_3271523.jpg
                 流水を懐に抱いて行く雲をたぐりしわれに雨降り止まず
                                                       
                                photo by sirabiso    
Commented by zona14 at 2009-07-06 11:48
行雲流水の言葉と持っているもの、気に入りました。僕の好きな人生観もかぶります。特に雲のように生きたいと思っています^^なかなか難しいですが^^:
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-07-06 22:19 x
こんばんは!
美空ひばりさんの「川の流れのように」はお好きですか?
jam-une様のご苦労と川の流れ、悟りの境地の行雲流水、いつの日か。。。
Commented by jam-une at 2009-07-07 12:52
zonaさま
 雲はよどみなくどこへでも流れていけますものね!
 空のま上にいたかと思うと、やがてはもう遠くのほうへ・・・
 とどめておけるのは、雨の降る間だけです。
 晴れたら又、あっちへこっちへと
 放浪の旅が始まりますから(^.^)
Commented by jam-une at 2009-07-07 12:59
大阪のおっちゃん さま
 「川の流れのように」あれは名曲ですね♫
 方丈記の「ゆく河の流れは絶えずして、
 しかももとの水にあらず。 よどみに浮かぶうたかたは、
 かつ消えかつ結びて、久しくとどまり たるためしなし」
 みたいな心境にはまだ至りませんが、
 有る程度はわかる年になってきたきがします。
 よどまず、たえまず精進していく
 しかないですね何事も・・・(^.^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-07-06 01:00 | 自然 | Comments(4)