短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

青き果実

          まだ青き無花果の実です。今年はたくさん出来そう・・♪
          もう少し大きくなって赤紫に色づけば収穫できます。
          いちじくは一つずつ熟すからいちじくというそうです(^_^)
f0164033_236424.jpg


          お隣では金柑の花がいっせいに咲きはじめ海風に小さな花弁を揺らしてます・・・
          これから実をつけるまでゆっくり見守ってゆきたいものです。
f0164033_23104090.jpg


                暗闇より何ものを生み出すかは判らねど放散しゆく光の道
Commented by jbl4312t at 2009-07-23 09:21
こんにちは。
無花果の実がたわわになっていますね~!
秋の収穫が楽しみですね♪
金柑の白い小さな花も可愛いですね。
子供の頃の思い出と繋がるこんな植物の背景にビルや橋や海が見えるなんて不思議な感じです(^^)
                           sirabiso
Commented by jam-une at 2009-07-23 12:54
東京砂漠の中にあってせめて緑や収穫の喜びを
味わいたいと、ささやかな願いで毎年暮らしています。
そう思えばすべての植物がいとおしく
ここは楽園なのださえ思えてきます(*^_^*)
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-07-23 21:34 x
こんばんは!
残像のお写真に、このお歌を合わせるなんてトンチンカンでしょうか?解釈をお願いできますか。
Commented by jam-une at 2009-07-25 00:03
大阪のおっちゃん さま
無花果の実はどこからやってくるのでしょう?

 同じように人生もまたきたるべきものがきたるべき時に
 現れるのではないのでしょうか。
 光源は普遍の母であり宇宙であり森羅万象でもあり・・・。
 だからなすべきことをひたすら行ってゆけば、
 この人生の実も花も・・咲かすことが出来るのでしょう(笑

 確かに下の写真でもあり!ですね。
 全然気が付きませんでした(*^_^*)素敵!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-07-22 00:44 | 自然 | Comments(4)