短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

残照

 
f0164033_23465767.jpg
               江ノ電は一緒の覚えがないのにね夕焼けと君の指先覚えてる
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-09-28 23:11
身近なようで、遠い夢のような物語です。
生しらす丼がいいかな~、それとも珊瑚礁のカレー?
ちょっと、現実的で ダメです。
Commented by snowpee2 at 2009-09-29 01:08
素敵な夕日の写真ですね。
こんな写真、撮りたいなぁ。
なかなか夕暮れ時に、外出出来ないので・・・

私も、好きな人と江ノ電に乗った覚えがないです。
Commented by jam-une at 2009-09-29 15:14
TGokuraku-TOMBOさま
現実的なのはまだまだ青春なのでしょう(^^)
この写真、実は青春真っ只中の娘が撮ったもので・・・
生しらす丼も美味しかった、そうです^_^;
Commented by jam-une at 2009-09-29 15:17
snowpee2さま
江ノ島や湘南の夕焼けは、青春!って勝手に
思い込んでいます。
好きな人と江ノ電って夢でした、私も(笑
今さら行っても似合いませんから^_^;
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-09-29 20:36 x
こんばんは!
江ノ電、どこか懐かしい響きがありますね、おっちゃんはもっと茅ヶ崎よりの海が好きです。
木造の漁船が砂浜に引き上げられて、遠くに江ノ島を眺めます。
人も少なく物思いに耽るのもいいものです。
Commented by jam-une at 2009-09-29 22:48
大阪のおっちゃん さま
大人の海、ですね~♪
海に落ちる夕日を眺めるのは
一人ではちとさびしい・・です(^_^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-09-27 23:49 | 風景 | Comments(6)