短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

風の痕

                   恋すてふ 心は淡き空に投ぐなんとつれなき風の(あと)
  
f0164033_22505539.jpg
                  
 
Commented at 2009-12-16 00:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jam-une at 2009-12-16 12:36
鍵コメさま
 大変ですががんばってください!(^o^)/
 コメントありがとうございました。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2009-12-17 22:24 x
こんばんは
捨てたのか、捨てられたのかわかりません。
風は素知らぬ顔でいつものように。八つ当たりでしょうか?
Commented by jam-une at 2009-12-18 00:00
大阪のおっちゃん さま
 風とか雲は憬れです(^_^)
 軽々と悠々と旅に出掛けられますから・・
 抱えきれない哀しみや重い荷物を背負う
 ものはいつも置いてけぼりです〔笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jam-une | 2009-12-15 23:32 | 風景 | Comments(4)