短歌 名残桜 刻々と変化する都会の喧騒に短歌のスパイスを

赤とんぼ


今日は父の命日でした。数日前こんな高いマンションなのに窓から一匹の蜻蛉が入ってきました。
思わずひとさし指を立てると躊躇いもせずに静かに指先にとまりました。
暫らくして入ってきた窓からすっと出て行きました。あれは、父の魂だったのでしょうか?
f0164033_010120.jpg

          今日ここにとどまるべきはあかとんぼおわれてみたひはかえらずとも
                             
                         photo by 大阪のおっちゃん
[PR]
by jam-une | 2010-10-16 23:27 | 自然